特殊技術でシニア起業を応援します。

日本建造物保護協会は建設・土木関係の業界にいらっしゃったシニア世代の方が起業するお手伝いをしています。当協会の持つ木材、コンクリート、金属保護の技術は各方面から注目されています。例えば木材に関してはデッキの補修、家屋の補修、木橋の補修、遊具の補修など当該案件は多数存在します。その製品群を用いて営業や施工することで社会貢献につながる充足した仕事ができると思っています。コンクリートに関しても長年、建設関係にいた方ならば当協会のコンクリート用補修材を用いる事で、今まで培ってこられた実績を業績に反映させる事が簡単にできるしょう。

当協会では研修会を開催し、テキストなどを用意することで知識修得をしていただく事や実際、塗装していただく事で技術を修得していただくようにしています。

シニア起業に関する最近の記事です。(JCAST NEWS)

シニア世代で増える「脱力起業」 「そこそこ儲けて、食べていければいい」

J-CASTニュース 5月4日(日)18時11分配信

 起業を考えているシニアが増えている。「団塊の世代」を中心に、ちょっとしたブームになっているようだ。

 起業したら、どんどん収益を上げて企業を成長させ、さらには株式を上場する。経営者の多くがそんな将来像を描くと思うのだが、シニアの起業家はそうではない。気長に仕事を続けて、「そこそこ儲けて、食べていければいい」といった、肩に力がはいらない「起業」を目指している。

■「退職金」と「経験」、「人脈」生かして起業

 経済産業省が2014年4月25日に発表した「中小企業白書2014年版」によると、新たに会社を起こそうとする「起業希望者」の数は、2012年に84万人。バブル期の1987年の178万人から約半分に減った。

 また、実際に起業した人を年齢別にみると、60歳以上が32.4%を占め、30歳代の23.9%を上回った。20歳代は11.9%、40歳代は17.4%、50歳代は14.3%だった。

 「起業」というと、ハイリスク・ハイリターンのイメージがある。長引く景気低迷や、ここ2〜3年の就職氷河期を経験してきた若者にしてみれば、安定した生活を求める気持ちが強まり、リスクを冒してまで起業しようという気持ちは芽生えにくいのかもしれない。

 それでも、起業環境はかなり改善している。政府の後押しもあるが、金銭面では補助金や融資制度が整ってきたし、環境面でもレンタルオフィスの増加などの支援も進んできている。

 起業家を養成するスクールや講座も活発だが、そんな講座を活用している人もシニア層が中心のようだ。たとえば、東京都中小企業振興公社が主催する「TOKYO起業塾」では年1回、シニアコースを開催しているが、応募者はこの3〜4年で倍増。定員を増やすほどの人気という。

 中小企業白書によれば、若者の起業は「生活関連サービス業・娯楽業」などやITベンチャーに代表される「情報通信業」の割合が高い。また、女性は子育てや介護といった「生活関連サービス業」や、職歴や趣味、特技を生かした「教育・学習支援」などの分野での起業が多い。

 一方、60歳代の「シニア起業家」は、それまでの職歴、経験を生かした経営コンサルタントや営業代行などの「サービス業」の割合が高くなっている。

 サラリーマン時代に培った人脈や経験を最大限に活用することや、退職金などのまとまった資金が手元にあり、開業資金が手当てしやすいことが、起業するきっかけになっていて、さらには将来的に年金支給額が減額されたり、支給年齢が引き上げられたりすることが見込まれるなどの不安も背景にあるようだ

未来シアター

統括本部長 塩田政利
統括本部長 塩田政利

起業のすすめ

技術解説

野澤晃広技術解説ブログ

長野県立烏川渓谷吊り橋
長野県立烏川渓谷吊り橋

活動案内、案内パンフレット、協会テキスト、比較表

協会案内表紙.pdf
PDFファイル 163.8 KB
協会案内P1.pdf
PDFファイル 241.8 KB
協会案内2.pdf
PDFファイル 234.9 KB
協会案内3.pdf
PDFファイル 238.0 KB
協会案内4.pdf
PDFファイル 201.3 KB
ウッディセラ比較表.pdf
PDFファイル 4.4 MB
協会用テキスト.pdf
PDFファイル 298.4 KB
デモ施工用案内パンフレット
デモ施工等にもちいる案内書.pdf
PDFファイル 573.4 KB